浄土真宗本願寺派

正円寺

山口県指定天然記念物

長府正円寺の大イチョウ

 

宗教とはどんなものでしょう?

「宗教とは?」 貴方のイメージは! ⇒ 「幸せ」を「祈る」・「願う」こと、でしょうか?

貴方の想う「幸せ」とは? ⇒ 家内安全・無病息災・商売繁盛・交通安全・恋の成就・出世・進学などなど、これらは全て「欲望」 = 自己のみの幸せ

ならば、『宗教とは人間の欲望達成の方法・手段』というのが、貴方の答えですね。

「祈る」とは、 私の願い・目的達成を神仏に「頼む」こと?

『天は自ら助くる者を助く』成功も失敗も100%自分の責任です。

自分は努力せずに神仏に頼む卑怯者を、誰が助けてくれると思いますか!

『祈る』の意味・内容を、神仏に願うことから、《目的達成のための自分の努力を、阿弥陀様の前で決意表明する!》ことに変えませんか。

『そうすれば、阿弥陀様はあなたを見守ってくださいます。』

正円寺の紹介

正円寺法要・諸行事

年次法要

修正会

1月1日 午前0時

元旦会

1月1日 午前11時

御正忌大逮夜

1月15日 午後7時 親鸞聖人ご命日の前夜法要

御正忌ご命日

1月16日 午後1時30分~3時30分 親鸞聖人ご命日

春季彼岸法要

3月18日頃・2日間 午後1時30分~3時30分

春永代経法要

4月18日頃 午後1時30分~3時30分

降誕会法要

5月18日頃・2日間 午後1時30分~3時30分 親鸞聖人ご誕生法要

8月13日・14日・15日

盂蘭盆会

秋季彼岸法要

9月18日頃・2日間 午後1時30分~3時30分

秋永代経法要

10月18日頃 午後1時30分~3時30分

報恩講法要

11月18日頃・2日間 午後1時30分~3時30分 親鸞聖人報恩感謝の法要

お釈迦様のお誕生日・花まつり

親鸞聖人お誕生お祝い法要

ソプラノコンサート

本堂でのお盆法要

月例法要

朝参り・写経

第1日曜日 午前8時~9時 正信偈読誦と写経

仏教教室

第2火曜日 午後7時~8時30分 阿弥陀経解釈

十八日法話会

18日 午後1時30分~3時30分 法話

清掃会

毎週月曜日・木曜日 午前10時~1時間程度 境内の清掃奉仕

ボランティア活動と文化活動

蓄音器で歌声喫茶

第2土曜日 午後1時30分~3時 気楽に 楽しく 面白く

PICボランティア

第2日曜日 午前10時~午後12時 古着等の整理作業(フィリピンへの教育援助)

長府を語る会

第2日曜日 午後1時30分~3時 長府の歴史と文化のお勉強会

さげもん作り

第3金曜日 午前10時~11時30分 完成したさげもんは、長府ひなまつりに展示

城下町長府ひなまつり スタンプラリーの飾りつけ

境内には町興しの協賛として『昭和れとろ』がたくさん展示されています

 
 

長府の歴史と文化を伝承しましょう!

長府の歴史と文化を語る会

城下町と呼ばれる下関の長府。長府の歴史と文化を知ることは、どこかで必ず下関の文化と歴史を知ることにもつながってきます。今知っておきたい長府(下関)の歴史と文化、今だからこそ掘り起こし残すことのできる長府の文化と歴史、掘り起こし知り得た歴史と文化をどのように次世代に伝承するのか!

下関市民の皆様、我が町下関・長府の歴史と文化を楽しく学んでゆきましょう。

◎開催日時

 偶数月第2日曜日(8月はお休み)午後1時30分~3時

◎午後1時30分~2時30分 講演

☆講師 下関市立歴史博物館学芸員の先生方

 講演内容 長府の歴史と文化について(テーマは毎月異なります。)

◎午後2時30分~3時 蓄音機で歌声喫茶(山根徹先生)

◎聴講料 無料(資料と会場準備のために、事前に聴講生登録をお願いいたします。)

◎会場 長府中之町正円寺

あなたは、長府の昔について、何を・どれだけご存知ですか?

◎古地名 ☆米揚げ ☆ひづめ

☆長府=長門国の国府があったので長府と呼ばれる

☆姥ケ懐=うばがふところ・お婆が帆処・姥懐・姥ケ懐・優婆懐・祖母懐・乳母懐

明治の長府

忌宮神社の前から見た鳥居前の電停

明治の長府

終点の鳥居前に停車している電車  唐戸方面→

満珠

外浦海岸付近

入り江付近が現「関門医療センター」

明治の長府
受講料無料

受講料 無  料

対 象 どなたでも

蓄音機で歌声喫茶

◎長府まつり(昭和30年代)各町内から「しゃぎり隊」という、囃子方と踊り方でチームを作り、演奏しながら踊りながら長府の街を練り歩きました。阿波踊りをイメージしてください。

長府まつり
長府まつり

主催 長府歴史文化協会

山口県下関市長府中之町6-6 

正円寺気付

TEL 083-245-1288

FAX 083-245-5447

長府を語る会例会

樹林墓地・樹木葬

正円寺樹林墓地「いちょうの里」

四季折々、美しく咲く花々やイチョウなどの木々に囲まれた樹林墓地。ご遺骨は、自然に優しい純白の「絹」の袋にお納めして、八重桜の木のそばに埋葬いたします。

正円寺樹林墓地

1.ご遺骨は永代にわたってお護りいたします。

お墓の後継者がいなくても無縁になりません。お寺により設置された墓地ですので、春秋のお彼岸やお盆には、僧侶によって法要が営まれます。

2.宗教、宗派を問わず、全国どこからでもお申し込みが可能です。

3.生前予約が可能です。

4.埋葬を希望される方には永代経懇志をお納め戴きますが、年会費や維持管理費などは不要です。

お問い合わせ先

墓地設置者

宗教法人 正円寺

〒752-0973 山口県下関市長府中之町6-6

TEL 083-245-1288

FAX 083-245-5447

山口県指定天然記念物大イチョウ樹のあるお寺です。

正円寺地図

ご参拝やご見学はいつでもご自由にどうぞ。

ご説明をご希望の方は、事前にお電話で日時をお約束ください。

▲クリックすると大きな地図が見られます

 
 

P.I.C.

フィリピン・インフォメーション・センター

P.I.C.の援助活動も「学用品を送る運動」から「あしながおじさん奨学金」さらには現在では「教室建設」と、その時々の現地の状況と要請により形を変えながら30年を超えました。この活動を始める時に「今日生まれた子供が一人前になるまで20年、この活動も何とか20年続けたいものだね!」と話し合いましたが、振り返ってみますと、お陰様で30年を超しても活動を続けることが出来ています。

☆ゴミの山・その上に出来たスラム・悪臭で息も出来ず眼も開けられない

☆交差点の植え込みに住み付いた家族、赤信号で止まった車に近寄り赤ちゃんを抱いて物乞いするお母さん。

☆家で食事にあり付けず、家を出て繁華街近くの空き地に子供達だけで住み付いているストリート・チルドレン、そしてゴミ拾いやかっぱらいで生きていく子供たち

☆ジャピーノの子供とお母さんへのインタビュー、「太郎君花子ちゃんと日本名を持つ日系の顔立ちの子供」、日本人のお父さんとフィリピン人のお母さんの間に生まれ日本人のお父さんに見放されたジャピーノと呼ばれる子供たち・3万人とも5万人ともそれ以上とも言われるジャピーノたち。思わずその子を抱きしめて「ごめんね!」と言いながらその子の頭に涙をこぼしたあの日。

☆そんな困難な状況の中で家族親族隣近所助け合いながら生きていく人たち、貧しさの中でも、お年寄りを大切に子供には限りない愛を与える大人たち。

フィリピンの悪しきことや影の部分も沢山・沢山見過ぎてしまった30年でした。しかし、物質的に豊かな日本では、親子が・兄弟が・友人同士が、憎しみ合い・殺し合ってしまう現実。貧しさ故に助け合うフィリピンの人たち。衣食足りて礼節も愛も無くしてしまった日本。私の頭の中は、人の世への・疑問・矛盾・怒り・腹立ち・情けなさ・無力感・そして愛とで混乱しています。ゲリラや強盗の出没するミンダナオ島にも、事前調査や教室の贈呈式などで何度も行ってきました。そんな環境の中でも、子供たちは元気に明るく育っています。そして私たちを素晴らしい笑顔で迎えてくれます。

「もう一度会いたい・子供たちのあの笑顔に!」その思いがいつも私たちの心の中一杯に広がっています。

フィリピン
フィリピン

31年目からも、子供たちのあの笑顔に会うために私たちはこの活動を続けたい!

この援助活動にご協力・ご援助くださいます皆様方のお蔭で、私はまたあの子供たちの笑顔に会いに行くことが出来ます。

フィリピンの子供たちと一緒に、「本当にありがとうございます!」

贈呈式
フィリピンの子供たち

贈呈式では精いっぱいのおもてなしをしてくれます

贈呈した教室

贈呈した教室

贈呈式

援助資金捻出のためのバザール

援助資金捻出のためのバザールです。皆様方から寄付された衣類を販売した益金が教室建設費に充てられます。

宗教法人 正円寺

    〒752-0973 

山口県下関市長府中之町6-6

TEL 083-245-1288

FAX 083-245-5447

山口県指定天然記念物大イチョウのあるお寺

花まつり
古民芸館

長府古民芸館

(詳しくは画像をクリック)